マセラティ車検

マセラティ車検・整備02 現在マセラティのオーナーである皆様は、そのハイクオリティを維持するため、これまで信頼できる工場=ディーラーとして、メンテナンスに関しては全てディーラーに委ねてきた方も多いと思います。しかしながら、マニュアルや規定通りの整備を行うことが決して車やオーナー様にとってあらゆる点で良いとは限りません。

真の整備するということは、マニュアル通りの整備に終始するのではなく、お車が持つそれぞれの特性にあった整備を行うということ。そして、ブランドに頼った価格設定ではなく、私たちはあくまでも修理・整備内容そのものに対しての適正価格でマセラティを修理・整備しております。

世界中の自動車ファンを魅了し続けているマセラティだからこそ、オーナー様が長い間安心して乗り継ぐことのできるよう、私たちも熟練の技と最新のシステムを駆使して愛車のコンディションを最善の状態に保持、オーナー様のカーライフをトータルでサポートさせていただきます。

マリオットマーキーズの信頼と安心の理由

〜High quality maintenance shop 「車検の意義」〜

マセラティ車検・整備03 当社整備工場は、国から定められた基準(資格・整備)を満たした自動車分解整備を行うことを認められた国土交通省・陸運局認証工場です。 マリオットマーキーズでは法律で定められた82項目を点検しております。

お客様が本当に安心してカーライフを楽しんで頂けるよう、マセラティに精通したメカニックが今まで培ってきたスキル・経験・知識で、 お客様の大切なマセラティを的確に診断、整備いたします。

マリオットマーキーズ High quality車検

マセラティ車検点検料(法令24ヶ月点検)42,800円

お客様の大切なマセラティの安全を守る為、車検時に法令24ヶ月点検を実施しております。専用チェックシートを用いて、隅々までしっかりと点検致します。

 

法定24ヶ月点検内容

マセラティエンジン マセラティ足回り マセラティ機関系 マセラティマフラー マセラティエンジン


エンジンルーム点検
パワステの緩み・損傷 取付の緩み、オイルの漏れ、オイルの量
冷却装置 ファンベルトの緩み、損傷、冷却水の漏れ
点火装置 スパークプラグの状態
点火時期 ディストリビューターのキャップの状態
バッテリーの電気配線 ターミナル部の緩み・腐食による接触不良、電気配線の接続部の緩み、損傷
エンジン 排気ガスの状態、CO・HCの濃度、エアエレメントの汚れ、詰まり、損傷
ばい煙、悪臭のあるガス、有害なガス
などの発散防止装置
メターリングバルブの状態
ブローバイガス還元装置の配管の損傷
チャコール、キャニスタの詰まり、損傷
燃料蒸発ガス排出防止装置のチェック・バルブの機能
燃料蒸発ガス排出防止装置の配管等の損傷
触媒反応方式等の排出ガス減少装置の緩み損傷
一酸化炭素発散防止装置の配管の損傷、状態

室内点検
ハンドル操作具合 遊び、がた
ブレーキペダル 遊び、踏み込んだ時の床板とのすきま、ブレーキの利き具合
パーキングブレーキ(ペダル) 引きしろ(踏みしろ)
クラッチ、ペダル 遊び、切れたときの床板とのすきま

下廻り点検
エンジンオイル オイルの漏れ、量
トランスミッション・トランスファー オイルの漏れ、量
プロペラシャフト・ドライブシャフト 連結部の緩み
ディファレンシャル オイルの漏れ、量
ステアリング・ギヤボックス とり付けの緩み、ステアリングのロッド・アーム類の緩み・
がた・損傷、ポールジョイントのダストブーツの損傷

足廻り点検
ブレーキ・ディスク、ドラム
ディスクとパットのすき間
ブレーキパットの磨耗
ディスクの磨耗
ドラムとライニングのすき間
ブレーキシューの摺動
ドラムの損傷量
ディスクキャリパの液漏れ
足廻り
かじ取り車輪
ホイールアライメント
ショック・アブソーバの
油漏れ、損傷
サスペンション
ホイール
タイヤの空気圧
タイヤの損傷、亀裂
タイヤの溝の深さ、異常な磨耗
ボルトナットの緩み
フロントホイールベアリングのがた
ディスクキャリパの機能、磨耗、損傷
ブレーキ、マスタシリンダ、ホイールシリンダ
マスタシリンダの機能、磨耗、損傷
ホイールシリンダの液漏れ
ディスクキャリパの液漏れ
ディスクキャリパの機能、磨耗、損傷

日常点検
ブレーキ・ディスク、ドラム
ブレーキ液の量
バッテリ液の量
冷却水の量
エンジンオイルの量
エンジンのかかり具合
異音
低速と加速の状態
ウィンドウォッシャ液の量
ヘッドランプ・ストップランプ・ウィンカランプ等の点検、汚れ、損傷
ワイパのふき取り具合

 

マセラティ点検

〜年に一度のトータルチェックはもちろん、中古車をご購入されたオーナー様も〜

車検・12ヶ月点検時マセラティをリフトアップ

マセラティならではのポテンシャルを維持する為には、定期的な点検・メンテナンスが欠かせません。

マーキーズでは、年に一度のトータルチェック、季節ごとのシーズンチェックをご用意しております。

オーナー様が日頃チェックできない所までしっかり点検するほか、エンジンの隠れた暇疵など機関系統毎の細かいポイントをはじめ、トータルに車輌を点検致します。

また、中古車をご購入されたばかりのオーナー様や、次の車検まで10ヶ月以上あるオーナー様にも、こちらの法定12ヶ月点検・シーズンチェックをおすすめいたします。

マリオットマーキーズ High quality点検

マセラティ点検

お客様の大切なマセラティの安全を守る為、法令12ヶ月点検を実施しております。隅々までしっかりと点検致します。

 

法定12カ月点検内容

エンジンルーム点検
パワステの緩み・損傷 取付の緩み、オイルの漏れ、オイルの量
冷却装置 ファンベルトの緩み、損傷、冷却水の漏れ
点火装置 スパークプラグの状態
点火時期 ディストリビューターのキャップの状態
バッテリーの電気配線 ターミナル部の緩み・腐食による接触不良、電気配線の接続部の緩み、損傷
エンジン 排気ガスの状態、CO・HCの濃度、エアエレメントの汚れ、詰まり、損傷
ばい煙、悪臭のあるガス、有害なガス
などの発散防止装置
メターリングバルブの状態
ブローバイガス還元装置の配管の損傷
チャコール、キャニスタの詰まり、損傷
燃料蒸発ガス排出防止装置のチェック・バルブの機能
燃料蒸発ガス排出防止装置の配管等の損傷
触媒反応方式等の排出ガス減少装置の緩み損傷
一酸化炭素発散防止装置の配管の損傷、状態

室内点検
ハンドル操作具合 遊び、がた
ブレーキペダル 遊び、踏み込んだ時の床板とのすきま、ブレーキの利き具合
パーキングブレーキ(ペダル) 引きしろ(踏みしろ)
クラッチ、ペダル 遊び、切れたときの床板とのすきま

下廻り点検
エンジンオイル オイルの漏れ、量
トランスミッション・トランスファー オイルの漏れ、量
プロペラシャフト・ドライブシャフト 連結部の緩み
ディファレンシャル オイルの漏れ、量
ステアリング・ギヤボックス とり付けの緩み、ステアリングのロッド・アーム類の緩み・
がた・損傷、ポールジョイントのダストブーツの損傷

足廻り点検
ブレーキ・ディスク、ドラム
ディスクとパットのすき間
ブレーキパットの磨耗
ディスクの磨耗
ドラムとライニングのすき間
ブレーキシューの摺動
ドラムの損傷量
ディスクキャリパの液漏れ
足廻り
かじ取り車輪
ホイールアライメント
ショック・アブソーバの
油漏れ、損傷
サスペンション
ホイール
タイヤの空気圧
タイヤの損傷、亀裂
タイヤの溝の深さ、異常な磨耗
ボルトナットの緩み
フロントホイールベアリングのがた
ディスクキャリパの機能、磨耗、損傷
ブレーキ、マスタシリンダ、ホイールシリンダ
マスタシリンダの機能、磨耗、損傷
ホイールシリンダの液漏れ
ディスクキャリパの液漏れ
ディスクキャリパの機能、磨耗、損傷

日常点検
ブレーキ・ディスク、ドラム
ブレーキ液の量
バッテリ液の量
冷却水の量
エンジンオイルの量
エンジンのかかり具合
異音
低速と加速の状態
ウィンドウォッシャ液の量
ヘッドランプ・ストップランプ・ウィンカランプ等の点検、汚れ、損傷
ワイパのふき取り具合

 

工場へのご来店案内 お電話・メールからのお問合せ案内
営業時間 電話対応 メール対応
平日9:30〜19:30 営業時間内の対応となります。 24時間・年中無休
日曜・祭日11:30〜19:00 修理・車検・点検・塗装など、愛車のメンテナンス整備はマーキーズまでどうぞ気軽にご相談下さい。
年中無休(夏季冬季などを除く)
店舗アクセス お問い合わせ
お問い合わせはこちら